ページトップ

結婚式お呼ばれマナー服装のマナー

男性の服装

若い世代の場合、同世代の友人・同僚の結婚式なら、ダークスーツ(平服)が一般的です。無地のチャコールグレーや紺のスーツが基本です。カラーのシャツやネクタイを組み合わせても良いでしょう。靴は、黒か茶の革靴にします。

平服とは「礼服でない服装」という意味で、普段着の事ではありません。

親戚や会社の上司の結婚式など、もう少しフォーマルな服装が必要な場合は、ブラックスーツ(略礼服)が基本となります。白いシャツに、白やシルバーのネクタイ、黒の革靴を合わせます。

女性の服装

白は花嫁の色のため、全身が真っ白や白っぽい服装は避けます。また、黒は喪服を連想させるため、真っ黒の服装も避けます。どちらの色も、コーディネートの一部として使う分には、問題ありません。

肌の露出は控え目に、肩が出るドレスの場合はストールやボレロを合わせましょう。スカート丈は膝が隠れるくらいが良いでしょう。

アクセサリーは派手すぎる物は避け、パールなどシンプルなものにしましょう。

寒くてもブーツはマナー違反です。行き帰りにブーツを履くなら、パンプスを持参しましょう。ミュールやサンダルもカジュアル過ぎるため避けましょう。

素足、黒ストッキング、カラータイツ、網タイツも避けましょう。

和装の場合「訪問着」が、未婚・既婚を問わず無難です。未婚者なら、もう少し華やかな「中振袖」があります。成人式で着るような「大振袖」は、花嫁とかぶることがあるので、避けた方が良いでしょう。

着物を選ぶ時は、柄や色の意味や季節感も考慮してください。

結婚式お呼ばれマナー

スマホ・タブレットでも!

手帳のおまけ アプリ版 手帳のおまけ
詳しくはこちら

スマートフォンやタブレットには「手帳のおまけ」アプリをインストールしてご利用下さい。

アプリ画面

「手帳のおまけ」は、システム手帳やダイアリーに付属する付録情報を、スマートフォンでも持ち歩くことができる便利な情報アプリです。

おまけと言えども本格派。日々の生活に役立つ情報から、イザと言うときに知っておきたいマナーまで、幅広い情報をコンパクトにまとめました。

主な特長

  • 手帳の専門店が作った豊富なコンテンツを収録
  • コンテンツの索引検索
  • 良く使う項目やお気に入りをまとめるマイリスト登録
  • マイリストの並べ替えや管理
  • オフライン閲覧
  • 表示言語切替(日/英)

システム手帳やダイアリーを補完するアプリとして、今すぐダウンロードしてご活用ください。

ダ・ヴィンチグランデシステム手帳 ロロマクラシック