ページトップ

テーブルマナー洋食の基本

予約から入店

本格的なレストランは、事前に予約をするのが基本です。一週間前までには予約をしましょう。その際、人数と予算を伝え、料理内容やドレスコード、支払い方法、子供がいる場合は入店可能かどうかを確認します。

誕生日や結婚記念日など、来店の目的を伝えると、特別なサービスがある場合もあります。

当日は、遅れないようにお店に到着しましょう。服装は、男性はスーツ、女性はワンピースが一般的です。ドレスコードが無くても、カジュアル過ぎる格好は避けましょう。お店にも他のお客様にも失礼です。

入店したら、サービス係が席まで案内してくれます。テーブルも椅子も決まっているので、サービス係に従って着席します。

オーダー

オーダーは、コース料理かアラカルト(単品料理)にわかれます。どちらにせよ、テーブルで統一して注文しましょう。

メニューが外国語で書かれた店もあるので、分からないときはサービス係に相談できます。嫌いな物や食べられない物がある場合も伝えておきましょう。

料理の注文のあと、飲み物の注文をします。

ワイン

注文のしかた

肉料理には「赤」、魚料理には「白」など、基本の選び方はありますが、こだわる必要はなく好きな銘柄を注文してかまいません。

迷う場合は、サービス係に聞くかソムリエがいる店なら、ソムリエに自分の好みなどを伝え選んでもらいます。

テイスティング

テイスティングでは、注文通りの銘柄か、ワインが劣化していないかを確認します。形式的な面もあるので、特別問題が無ければ「美味しいです」や、アイコンタクトでOKを伝え終わります。好みに合わないからと、取り替えることは失礼となります。

注意点

  • ワインを注ぐときは、グラスは置いたままにします。
  • 自分たちでは注がず、基本的にはサービス係が注ぎます。
  • 乾杯では、グラス同士をぶつけてはいけません。
  • ワインは温度に敏感なため、グラスは脚の部分のみを持ちます。

ナプキン

用意するタイミング

  • 注文が終わり食前酒が来るまでの間
  • パーティーなどの場合は、乾杯の後
  • 主賓や上司が広げた後

使い方

広げたナプキンを二つ折りにし、折り目が手前になるように膝の上に置きます。

口や指を拭くときは、二つ折りの内側の面を使い、拭き取った汚れが見えないようにします。

中座の場合

軽くたたみ椅子の上に置くか、背もたれに掛けます。

注意点

  • ナプキンがあるのに、自前のハンカチやティッシュを使うことは「ナプキンが汚れていて使えません」というサインとなり、失礼にあたります。万一汚れていた場合は、サービス係を呼びましょう。
  • 食後は、軽くたたみテーブルに乗せます。この時、あまり丁寧にたたむと「おいしくなかった」というサインとなってしまうので注意しましょう。
  • 落とした場合は、サービス係に拾ってもらいます。

食事中

食事中の楽しいおしゃべりもマナーの1つですが、盛り上がりすぎて、ナイフやフォークを振り回したりしてはいけません。

ワインを注いだり、料理を取り分けたり、何か落としてしまった場合などは、サービス係を呼びましょう。セルフサービスはしてはいけません。

テーブル毎にサービス係は決まっているので、同じ人を呼びましょう。サービス係もこちらの様子を伺っているので、手を上げたりアイコンタクトで呼ぶことが出来ます。

喫煙席に座っていても、食事中の喫煙は控えて下さい。食後のコーヒーの時まで我慢しましょう。

食後

食後は、デザートとコーヒーなどでゆっくり楽しみましょう。もう少しゆっくりしたい場合は、食後酒を注文します。

食後のおしゃべりの間に、お会計も済まるとスマートです。サービス係を呼びテーブルで支払いできます。

タクシーを呼ぶ場合も、席を立つ直前ではなく、事前にお願いしておきましょう。

テーブルマナー

スマホ・タブレットでも!

手帳のおまけ アプリ版 手帳のおまけ
詳しくはこちら

スマートフォンやタブレットには「手帳のおまけ」アプリをインストールしてご利用下さい。

アプリ画面

「手帳のおまけ」は、システム手帳やダイアリーに付属する付録情報を、スマートフォンでも持ち歩くことができる便利な情報アプリです。

おまけと言えども本格派。日々の生活に役立つ情報から、イザと言うときに知っておきたいマナーまで、幅広い情報をコンパクトにまとめました。

主な特長

  • 手帳の専門店が作った豊富なコンテンツを収録
  • コンテンツの索引検索
  • 良く使う項目やお気に入りをまとめるマイリスト登録
  • マイリストの並べ替えや管理
  • オフライン閲覧
  • 表示言語切替(日/英)

システム手帳やダイアリーを補完するアプリとして、今すぐダウンロードしてご活用ください。

ダ・ヴィンチグランデシステム手帳 ロロマクラシック